顔のたるみに効く化粧品

顔のたるみに効く化粧品の選び方

■顔のたるみはこうして起こる|ハリ成分だけでは肌が回復しない理由とは?

 

一般的に20代の後半くらいから肌の乾燥化が始まります。

 

これは、アラサー前後で、保湿成分であるセラミドや、ハリ成分であるコラーゲンの生成量が少なくなり、肌が内部から少しづつ乾燥していくことを意味しています。

【肌の乾燥がコラーゲンの減少、ハリの低下を招くメカニズム】

 

 

@肌が乾燥化することで、角質層のキメが乱れ、肌を外部刺激から守っているバリア機能も低下します。

 

Aすると、紫外線や花粉などの外部刺激が肌内に侵入し、肌の内側で炎症を起こします。

 

Bその炎症が、内部のコラーゲンを破壊し、肌のハリや弾力が低下します

このように年齢によるコラーゲン生成量の減少に加え、バリア機能の低下によるコラーゲンの破壊が、肌内部のコラーゲン量を急速に減らすことになり、顔のたるみが加速してしまうのです。

 

ですから顔のたるみを改善するためには、単純にコラーゲンなどのハリ成分をお肌に与えればよいというわけではなく、ハリ成分を与えることに加え、肌のバリア機能も同時に回復し、コラーゲンの減少を防ぐことが大切です。

 

肌内部の保湿バランスを整え、顔のたるみを改善するために、以下のような基礎化粧品を選んでください。

1. 浸透力が高いコラーゲンやハリ成分を配合している

 

通常のコラーゲン粒子の大きさは肌に浸透する大きさの600倍もあるため、肌に浸透しない成分として知られています。

 

ですから、粒子が小さく浸透性の高いナノコラーゲンを配合している化粧水やコラーゲンの生成を促すコラーゲンサポート成分が配合されている基礎化粧品を選びましょう。

 

2. 肌のバリア機能を回復する成分(セラミド等)を配合している

 

外部刺激によるコラーゲンの破壊を防ぐため、肌のバリア機能を高める成分が配合されているものを選んでください。

 

バリア機能を高める代表的な成分がセラミド。セラミドが角質層の隙間に入り込むことで、角質層を整え外部刺激が肌の内部に入り込むのを防ぎます。

 

■ハリを回復し顔のたるみを改善する基礎化粧品人気ランキング

 

アスタリフト

※浸透性の高い「ナノコラーゲンを配合
※バリア機能を高める「人型ナノセラミド」を配合

 

↓↓フジフィルムの独自ハリ成分↓↓

 

>>ハリ+保湿力を高める<<

 

アスタリフトは、フジフィルムが開発した、肌のハリを回復すると評判の基礎化粧品。

 

トライアルセットが1000円とお得なのも人気の理由の一つです。

【注目ハリ成分】
浸透性の高いナノコラーゲンをはじめ、抗酸化作用がコエンザイムQ10の800倍もあるアスタキサンチン、ビタミンEの100倍の抗酸化力を持つハリ成分のナノリコピンを配合。肌の内部にコラーゲンを増やし、コラーゲン繊維のエラスチンを束ねることで、肌のハリを回復します。

 

【注目保湿成分】
保湿成分は、浸透力が高く、肌のバリア機能を高める「人型ナノセラミド」を配合。角質層の奥まで浸透し、キメを整える事で、肌のバリア機能を高めコラーゲンの減少を防ぎます。

 

 

ユーグレナオールインワン

※オールインワンタイプ(時間がない方へ)

 

↓↓敏感肌の方・時間がない方↓↓

 

>>オールインワンでハリを<<

 

ハリを高める質の良い成分、そして保湿力を高める成分が数多く配合されているオールインワンゲルがユーグレナオールインワン。

 

【配合ハリ・保湿成分】
加水分解ユーグレナ、プラセンタ、ヒアルロン酸、コラーゲン、プロテオグリカン、ビタミンC、ビタミンE、スクワランなど

 

初回お試し価格(60%OFFの1950円)がありますので、試しやすいのが良いですね。

 

夜は、化粧水、美容液、クリームのライン使いの基礎化粧品、忙しい朝はユーグレナオールインワンでの保湿ケアもオススメです。

 

>>ユーグレナ公式サイト<<

 

ディセンシア アヤナス

※コラーゲンサポート成分を配合
※敏感肌で合う基礎化粧品がなかなかない方に最適

 

↓↓肌を守る+コラーゲンを増やす↓↓

 

>>敏感肌にハリを<<

 

アヤナスは肌が弱い方向けのエイジングケア基礎化粧品。

 

日本人の約80%が敏感肌の部類に入るといわれており、今まで何をしてもあまり改善されなかった方は、敏感肌に特有の肌サイクルにアプローチできる基礎化粧品がオススメです。

 

実際、肌が弱い方は、外部の刺激を受けやすいので肌内部のコラーゲンがダメージを受けやすく、たるみやシミなどの老け顔になりやすいという特徴を持っています。

 

アヤナスは、敏感肌+老け顔の両方の改善を実現できる基礎化粧品。浸透力の高い成分「CVアルギネート」でコラーゲン生成力を高め、たるみを改善します。

 

保湿成分は「人型ナノセラミド」を配合しており、肌に刺激を与えず「バリア機能の回復+たるみの改善」に優れた効果を発揮する基礎化粧品です。

 

>>アヤナス公式サイト<<

 

■エイジングサインが現れる年代のスキンケア

 

30代後半から40代前半のアラフォーになってくると、今まで大丈夫だった方でも

  • 顔のたるみ
  • 2重あご
  • 口元のたるみ
  • しずく型毛穴
  • 肌の弾力がなくなってくる

などなど、エイジングサインがたくさん出てきます。

 

そういったエイジングサインに気が付いたら、それは今使っている基礎化粧品がお肌に合っていない証拠です。

 

なじみのある基礎化粧品を変えるのは抵抗がありますが、基礎化粧品は肌に合ったものでないと、あまり効果がありませんので、お肌からのサインに気が付いた時点で変えてみてください。

 

スキンケア商品を選ぶ際は、評判の良いものの中から、トライアルセットで自分の肌とのマッチングを見てみてください。

 

化粧水やクリームなど、アイテムがいろいろある場合は、特に化粧水とお肌のマッチングを重要視してみてください。

 

※フジフィルムが開発した、ランキングで人気No.1のたるみ改善基礎化粧品「アスタリフト」は以下のページで詳細を確認できます。

 

肌のハリの回復に即効性があると評判の基礎化粧品です。

 

ハリを高めたるみを改善する基礎化粧品|詳細はコチラ

 

 

 


コラーゲンについて意外なことが分かりました。「普通のコラーゲンはお肌に浸透しません」よくコラーゲン配合の基礎化粧品をハリに効くというコンセプトで販売していますが、ふつうのコラーゲンは、浸透するサイズの600倍もあり、お肌の表面に残ります。ですがハリを出すためには、コラーゲンの量を増やすことが大事なことも事実。ベストなのは、「コラーゲン自体でなく、コラーゲンを増やす成分を配合していること。」お肌の奥に浸透してコラーゲンを増やし、ハリ肌を実現することでたるみを改善するアンチエイジング基礎化粧品を上記ご紹介していますので参考にしてみてくださいね。顔のたるみや毛穴のたるみ、ほうれい線など、年齢を重ねるにつれてお肌の悩みもたくさん出てきます。どうすればよいかわからず、いろんな情報を見ては試して、あまり効果がない。。。そんな事を繰り返している方も多いと思います。実は私もそんなコスメジプシーの一人でした。顔のたるみに気が付いたのは、30代過ぎです。朝起きたときに顔の輪郭がなんとなくぼやけてきている感じがして、よくよく毛穴を見てみるとしずく型毛穴(たるみ毛穴)になってたんですよ。その時初めて顔のたるみケアをしなければいけないと思いました。顔のたるみケアに最も効果的なのは、肌の内側をケアすることです。肌の内側にきちんと成分を届け、ハリを出すことで、顔のたるみをかなり改善することができます。あなたも上記の3つの中から、ご自分の肌に合うアンチエイジング化粧品を見つけて、しっかり顔たるみケアをしてみてくださいね。肌のハリを実感するためには、継続的に基礎化粧品を使うのもポイントですので、長期的な目線でたるみ改善をしてみてください。