2重あごの原因となるもの

・20代の頃と、さほど体重は変わっていないのに2重あごになった…。
・体重的には痩せているのに、顔はぽっちゃり?2重あごのラインが消えない…。

 

そんな2重あごのトラブルは、ずばり「肌のたるみ」によるものです。

 

30代〜40代、アラフォーの世代になると、徐々に顔のたるみが見られ、顔のお肌が下へ、下へと下がってしまいます。すると、頬のあたりの肌まで、あごに落ちてきますから、2重あごになってしまうのです。

 

巷でも、痩せているのに2重あごの人は良く見かけます。単純に痩せても治らない、たるみによる2重あごはどのように改善すればいいのでしょうか?

 

肌を持ち上げ2重顎を治す|ハリ成分配合基礎化粧品ランキング

顔がたるんで、2重あごに…。このラインを消すためには?

顔のたるみが起こるのは、お肌の奥にある真皮層の乾燥が原因になります。

 

肌の弾力を支えている部分の保水力がなくなり、コラーゲンの量、質ともに低下すると、自然にお肌は下がり、たるみが見られるようになります。

 

そのため、顔のたるみ、2重あごの改善にはまず、お肌の奥にある真皮層を保湿し、質の良いコラーゲンを肌の内部に増やす必要があります。真皮層というのは、肌の表面にある表皮の奥にあります。

 

ですから真皮層に潤いを届けるためには、浸透力の高い保湿成分を配合した基礎化粧品を使ってください。お肌の奥まで潤すことが出来れば、コラーゲン生成を促し、お肌のハリが高まり、弾力が出てきます。

 

保湿と同時に必要なのが、真皮の母細胞を刺激すること。

 

コラーゲンは真皮にある母細胞(線維芽細胞)で作られますが、コラーゲンサポート成分(ハリ成分)などにより刺激されると、よりコラーゲンが作られやすくなります。肌の保水力を増し、コラーゲンが増えるようなスキンケアを続けていけば、徐々に顔はリフトアップします。

 

2重あごのラインも徐々に消え、顔のたるみがなくなり、毛穴も綺麗に、お肌全体が若返るようになると思います。特に痩せている人の2重あごは一発でたるみだと分かってしまいますので、早目のケアを心がけましょう。

 

顎のたるみを解消する基礎化粧品|肌をリフトアップするのはコレ

コラーゲンを増やすため基礎化粧品と同時にやっておきたいこと

顎のたるみを改善するためには、基礎化粧品でのケアが最も大切なのですが、それと同時にやっておきたいのが日常生活の改善です。以下に、コラーゲンを増やすサポートをする日常生活の改善方法をいくつかご紹介します。

 

1. 食生活の改善
コラーゲンはタンパク質の一種です。肉類、特に鶏肉が効果的です。鶏肉は体内で良質のアミノ酸に分解されますが、このアミノ酸がコラーゲンの原料になります。また、コラーゲン生成時にビタミンCが使われますので、ビタミンCが多いキウイなどのフルーツも効果的です。過度なダイエット(野菜しか食べない)をしてしまうと、体重はへりますが、肌がたるんでしまい、2重顎の原因となりますので注意してください。

 

2. 睡眠時間の確保
睡眠はストレスを取り除くという意味と、成長ホルモンを分泌させるという2つの意味においてとても大切です。ストレスは、体内に活性酵素を分泌します。活性酵素は、細胞の成長を止め、そのせいで老化を促進してしまいます。肌のたるみを改善したいなら、睡眠時間を十分確保し、ストレスを解消してください。また、睡眠中には、成長ホルモンというホルモンが分泌されますが、これは肌の成長を促します。コラーゲンの生成もこの成長ホルモンによって促進しますので、寝ている間に肌が作られるというのはあながちうそではないのです。

 

3. 紫外線対策
実は紫外線はコラーゲンを破壊する最大の敵です。光老化という言葉もあるように、紫外線は角質を突き抜け、コラーゲンをダイレクトに破壊してしまいます。肌のたるみだけではなく、シミやシワなど、肌の老化を招いてしまう紫外線はしっかりと対策しておいてください。今では下地やファンデや乳液にそれぞれUVカットが入っていますから、お化粧をする方はあえて日焼け止めをする必要はありませんが、休みの日など、すっぴんで過ごす場合は、家の中でも日焼け止めをつけるようにしましょう。

 

【関連記事】

顔のたるみを改善する化粧品|顎のたるみにお悩みの方へ