肌のキメは保湿に影響する

お肌のキメが整っていると、キレイ。整っていないと、疲れて見える。

 

そんな風に言われますが、このキメって、一体、どのようなもので、どのような状態になると、良いものなのでしょうか?

 

キメが整っている状態と言うのは、お肌の内部の角質層の中にある、セラミドが綺麗に整列した状態です。綺麗に整列したセラミドは、水分を、キャッチして、離しません。

 

逆にキメの整っていないお肌は、この整列がバラけていて、簡単に水分が逃げ出しやすい状態のことです。

 

キメが荒い場合は、保湿をして、このセラミドが整列出来る環境を作ってあげることが大事です。

 

キメを整えハリを回復する基礎化粧品ランキング

肌のキメを整える化粧品選びとは?

では、具体的にこのキメの整え方、荒くなったキメを、元通りに回復させるスキンケアの方法を、紹介していきたいと思います。

 

大切なのは、保湿です。

 

十分に保湿していると思っていても、キメの荒い人は、まだまだ保湿が足りていない状態です。キメの荒い時は、与える水分量が多くても、逃げ出しやすいので、それ以上に保湿してあげなければいけなくなるのです。

 

十分な保湿ケアができていれば、徐々にキメは整ってきます。お肌の内部の水分を蓄える力も強くなりますので、冬の乾燥や、夏場のクーラーによる乾燥などにも強くなり、肌荒れが起こりにくくなります。

 

また、乾燥によるしわや、毛穴の目立ちなども徐々に回復します。次第に、化粧で隠す必要のない程度まで回復しますので、肌のキメを回復するスキンケアは、30代以降、必ず行いたいところですね。

 

基礎化粧品を選ぶなら化粧水にほしい成分は「セラミド」です。セラミドは、角質層間の隙間に入り込み、角質層を整えるという性質を持っています。セラミドを肌に与えることで、肌のキメが整い、肌の保水力が高まります。

 

セラミドにもいろいろ種類がありますが、人の肌になじみやすく、保湿力も抜群なのが通称「人型セラミド」と呼ばれるセラミドU、セラミドVになりますのでこちらも合わせて覚えておきましょう。

 

30代以降であれば、このセラミドにプラスで、肌の土台部分である真皮にハリを出す「浸透性コラーゲン」なども必要になります。コラーゲンは肌に浸透しにくく、通常のコラーゲンだと、肌の表面にとどまってしまうので、ハリを出す効果がありません。

 

ですから、肌に浸透しやすいタイプのコラーゲンを肌に与えてください。

 

セラミドで保水力を高め、浸透性コラーゲンでハリを出すケアをすることで、年齢肌の予防や対策ができますので、しっかりと行ってください。

 

本サイトでは、以下のページに、セラミドや浸透性コラーゲンを配合した、肌のキメを整えるエイジングケア基礎化粧品をランキング形式でご紹介していますので、よかったら参考にしてみてください

 

肌のキメを整える基礎化粧品|保水とハリを同時に与えるのはコレ

見た目だけじゃない|肌のキメを整えると良い理由

肌のキメが整うと、肌がきれいになったり、しわやたるみが改善したりしますが、良いのはそういった見た目だけではありません。

 

肌は、花粉やPM2.5など、微細な刺激成分から肌を守るバリア機能がありますが、セラミドを与えキメを整える事で肌のバリア機能も高まります。

 

つまり、キメを整える=肌のバリア機能が高まる

 

という関係性が成り立ちます。

肌のバリア機能が高まるとこんなに良い

ここからは、肌のキメ、バリア機能に関し、少し補足的な説明をします。肌のバリア機能が高まると以下のような良いスパイラルが肌に生まれます。

 

1. ゆらぎ肌が治る
季節の変わり目や乾燥する冬などに肌の調子がおかしくなるゆらぎ肌。これは、周りの環境変化に肌が影響を受けていることが原因で起こっています。
キメを整え、肌のバリア機能が高まると、肌自体が強くなりますから、周りの環境の影響を受けにくくなり、ゆらぎ肌が良くなります。

 

2. 使える基礎化粧品の幅が広がる
肌のバリア機能が弱いと、化粧水に含まれている香料な防腐剤などの弱刺激成分に肌が刺激を受けて赤くなったり、かゆくなったりすることがあります。そうなると基礎化粧品を選ぶときに、低刺激タイプのものの中から自分の肌に合うものを見つけなければならず、選択肢が狭くなります。一般的には年齢を重ねるごとに、基礎化粧品の値段も高くなっていきますから、できるだけ選択肢の幅を広く持っておきたいものです。

 

3. 紫外線の影響を和らげることができる
紫外線は肌にとって百害あって一利なしといってもいいくらい肌に影響を与えます。肌のキメを整え、バリア機能が高まると、紫外線の影響を多少和らげることができるのです。とはいえ、紫外線対策は一年中やっておきましょう。

まとめ:肌のキメを整える化粧品の選び方

■必要なのはセラミドとコラーゲンです

肌のキメを整えるためにはまずは何といっても「セラミド」を肌に与えるケアが必要です。セラミドの中でも特に「人型セラミド」と呼ばれるセラミドU、セラミドVが有効です。30代以降の方は、肌にハリを出すため、浸透タイプのコラーゲンも必要になります。このセラミド+浸透タイプコラーゲンで肌のキメを整え、若々しい肌をキープしてください。
【関連記事】

キメを整えハリを回復する基礎化粧品ランキング