顔のたるみと頬の毛穴の開きが気になる方へ

■顔のたるみ|肌は老化する

 

年齢とともに、顔のたるみや頬の毛穴の開きが目立ってきたと感じる人は少なくありません。

 

これは肌の老化現象によるもので、皮膚を支えている筋力が低下することで肌全体がたるんでしまったり、新陳代謝が低下するために細胞の一つ一つが乾燥しやすくハリや弾力を失ってしまうことが原因です。

 

こうした肌の衰えは、誰もが経験する老化現象ですので、原因を根本から取り除くことは難しいのが現実です。

 

しかしながら、少しでもこのたるみや毛穴の悩みを軽くするためにできる事はあります。

 

現に美魔女と呼ばれる40代の方々の肌は、お手入れの違いだけであのように美しくキープされているのです。

 

老いに対抗するのであればそれ相応の努力は必要ということですね。

 

と言っても、高額エステに通ったり、高級コスメを買う必要はありません。日々の自宅でのスキンケアの中で、私たちにできるケアを行い、頬のたるみや目立ってくる毛穴などのエイジング対策をしましょう。

 

エイジングケア対策基礎化粧品を選ぶコツ|顔のたるみを改善する化粧水人気ランキング

 

■老化対策|スキンケアは保湿と弾力重視で選ぶ

 

各化粧品メーカーが販売している基礎化粧品には、ターゲット年代というものがあります。

 

20代がターゲットの化粧水、30代がターゲットの化粧水、40代がターゲットの化粧水といった具合に、配合されている成分や保湿力の高さによって年代別に分けられています。

 

ただ、そのターゲット年代は、一般的なもので、全ての方に当てはまるかどうかわかりません。

 

あなたの肌に合うかどうかは実際に使ってみないとわからないので、まずはメーカー直売の格安トライアルセット等で肌に合うかどうかお試ししてみる事が大切です。

 

毛穴や顔のたるみ対策としては、一般的に保湿とハリ成分が重視です。

 

保湿作用が高い成分にはヒアルロン酸やセラミドなどがありますし、弾力やハリをアップする作用を持つ成分にはコラーゲンやエラスチンなどがありますが、まずは成分に気を付けて基礎化粧品を選んでみてください。

 

エイジングケアにピッタリの基礎化粧品はコチラ

 

また、これらを効率的に肌の内側に浸透させるためには、基礎化粧品の使い方も工夫したいものです。次は浸透させる化粧水の使い方についてご紹介します。

 

■適量を重ねづけするのがポイント

 

どんなに優秀な成分でも、肌の内側に浸透しなければ意味がありません。

 

特に化粧水は、適量を何回か重ねづけすることによって肌の内側の真皮層まで有効成分をたっぷり浸透させてあげましょう。

 

手のひらで押さえるように肌につけてあげれば、手のひらの温度によって毛穴が開き、有効成分が肌の内側に浸透しやすくなります。

 

コットンで化粧水をつけていた人は、手のひらを使うだけでも大きな美肌効果が期待できます。

 

重ねづけの目安は、肌の乾燥が気になる人なら3回程度、大きな肌トラブルがない場合なら2回ぐらいがよいでしょう。

 

このようなスキンケアを朝と夜、洗顔後に行うことで、肌の弾力やハリが増し、顔のたるみや毛穴の開きが改善できます。

 

本サイトでは、顔のたるみや頬の毛穴の広がりなど、年齢肌が気になってきた方に合う基礎化粧品をご紹介していますので、よければ参考にしてみてください。

 

顔のたるみを改善する|年齢肌対策基礎化粧品はこちら