老け顔を解消したい方へ|老け顔の原因

鏡に映る自分が、なんとなく疲れ切って老け顔になっていると感じることは誰でもあります。

 

若い頃には老け顔も一時的な症状だったのが、年齢とともにその老け顔が自分の顔になってしまうとショックなものです。

 

顔が老けて見える原因には、表情筋の筋力低下によって皮膚全体がたるんでしまうことや、目元や口元にほうれい線や小じわなど、皮膚が寄ってしまう症状で一気に見た目年齢がアップしてしまうこともあります。

 

これらは老化現象なので、放置すると悪化してしまうだけ。できるだけ早く老け顔解消の対策が必要です。

まずは基礎化粧品を見直そう

老け顔解消には、基礎化粧品を見直して、できるだけ肌にハリや弾力を与えることができる成分で選ぶことがポイントです。

 

コラーゲンやライスパワーNo.11などは弾力成分として人気ですし、肌細胞に水分補給をしてふっくらとしてくれるヒアルロン酸も効果的です。また、年齢肌は細胞間の水分が不足することでキメが粗くなったりバリア機能が低下してトラブルを起こしやすくなることも多いので、細胞間を水分で満たしてくれるセラミドで保湿するのも良いでしょう。

 

また、これらの保湿成分は、できるだけ肌の奥まで浸透するよう、粒子の細かいナノ成分を配合したものを選ぶようにしてください。

 

ハリ・弾力を増す成分や、肌の保水力を高める成分を日々のスキンケアで肌に与えることで、老け顔を確実に解消方向に向かわせることができます。

 

基礎化粧品でのスキンケアは、エステのように即効性はありませんが、日々の肌ケアは、肌質を根本から変える力を持っていますので、根気よくケアしていくことが大切です。

 

実際に化粧水を選ぶときは、口コミで評判の良い基礎化粧品をいくつか試してみて、自分の肌にあうものを選びましょう。

 

【関連記事】

肌のハリ・弾力を増す成分を配合|老け顔解消に効く基礎化粧品ベスト3

 

睡眠時間の大切さ|ゴールデンタイムという定説は本当?

老け顔解消には、肌細胞の新陳代謝を最大限に行うことも大切です。

 

新陳代謝は睡眠中に特に活発に行われるので、できるだけ忙しくても1日7時間ぐらいの睡眠時間は確保したいものです。夜更かしするよりも、早寝早起きで早朝に趣味や仕事をしたほうが効率アップにもつながるので、生活習慣を見直しもしてみてください。

 

睡眠中には、成長ホルモンが分泌されるため、質の良い睡眠をすることで肌の新陳代謝が活発化し、老け顔を解消することができます。

 

昔は、22:00〜2:00がお肌のゴールデンタイムと呼ばれていたのですが、人によって生活サイクルが異なるため、現在では特定の時間ではなく、睡眠が始まってから3時間程度に熟睡していることでホルモンがしっかり分泌していることが分かりました。

 

ですからいくら夜10時から午前2時の間にしっかり寝ていたとしても眠りが浅かったりすると成長ホルモンがきちんと分泌されず、お肌も成長しないのです。

 

毎日決まった時間に寝る、熟睡できる環境を整えることがお肌の成長を促し、老け顔を解消するのです。

食べ物が美肌を作る

シワやたるみなどの老け顔を改善するためには、肌の中にコラーゲンを増やすことが必要です。

 

化粧水でコラーゲンを増やすケアを外からしつつ、肌の内側からは食べ物でコラーゲンを作りやすい肌環境を整えましょう。

 

・コラーゲンを作るのに必要な栄養素とは?

 

1.タンパク質
コラーゲンはタンパク質の一種ですから、タンパク質はコラーゲンを作るのに欠かせません。タンパク質は体の中でアミノ酸に分解されますが、このアミノ酸がコラーゲンの原料になりコラーゲンを作りやすくするのです。
【具体例】
鶏肉、大豆食品、豚肉など

 

2.ビタミンC
ビタミンCは、コラーゲン生成に欠かせない成分です。コラーゲンは真皮にある線維芽細胞で作られますが、線維芽細胞がアミノ酸からコラーゲンを作るときにビタミンCの力を借りるのです。
【具体例】
キウイ、レモンなど

まとめ:老け顔を解消するためには?

【老け顔の原因】

 

老け顔の原因は、肌のたるみやほうれい線、目じりのシワなど。肌にコラーゲンを増やすケアが必要です。

 

【老け顔を改善3つのアプローチ】

 

その1:まずは基礎化粧品を変えてみる

 

老け顔改善に効果的な成分としては以下の4つがあげられます。
コラーゲン
ライスパワーNo.11
ヒアルロン酸
セラミド
このような成分を配合した基礎化粧品の中から自分の肌に合うものを選んでみましょう。

 

老け顔を改善するなら肌にハリを|基礎化粧品ランキング

 

その2:睡眠の質を高める

 

特に大切なのは眠り始めてから3〜4時間程度。昔言われていたお肌のゴールデンタイム(夜10:00〜午前2:00)は関係ないので、深い眠りにつき、成長ホルモンを分泌しやすい肌環境を整える事を重視してください。

 

その3:コラーゲンを作りやすい食べ物を取る

 

肌のコラーゲン作りに大切なのはタンパク質とビタミンCです。鶏肉やキウイを取ると効果的です。