顔のたるみとほうれい線にお悩みの方へ

■顔のたるみは老化のサイン

 

30代になると、自分では自覚していなくても皮膚を支えている表情筋の筋力低下によって肌全体がたるんでしまいます。

 

そうすると、ほうれい線が定着してしまったり、鏡に映る自分の顔が老け顔になってしまうなど、たくさんの老化現象が出てくるのです。

 

見た目年齢を若く維持するためには顔のたるみを改善することが最善ですが、一朝一夕に改善できるものではないので、基礎化粧品と表情筋エクササイズによって少しずつ改善していきましょう。

 

■ほうれい線を治す基礎化粧品の選び方|注目成分とは?

 

年齢肌の症状改善には、基礎化粧品に含まれている成分でスキンケアを選ぶことが必要です。

 

保湿作用の高いヒアルロン酸やセラミド、肌のハリや弾力をアップできるコラーゲンなど、優秀な成分がたっぷりバランスよく配合されているものを選びましょう。

 

アンチエイジング系の基礎化粧品でも、配合成分や使用感はそれぞれ異なりますから、実際に使ってみて肌とピッタリの相性のものを選んでくださいね。

 

年齢肌対策用の化粧水は値段が高いのがネックですが、信頼あるメーカーから直接購入出来るトライアルセット等を利用することで、肌との相性を確認することができます。

 

たるみ肌向け基礎化粧品|人気ランキングはこちら

 

■表情筋エクササイズも大切

 

顔のたるみを改善してほうれい線を解消するためには、顔全体の皮膚をリフトアップすることが必要です。

 

そのためには、皮膚を支えている土台となる表情筋をきたえてあげましょう。お風呂の中で顔全体の筋肉を使いながら発声練習をしたり、血行を良くするためのマッサージなども効果的です。

 

簡単に出来るものとしては、口を大きく動かして「あ、い、う、え、お」というエクササイズです。

 

表情筋エクササイズにはいろいろな方法がありますから、隙間時間やながら時間を利用して一日何回もリピートすることで、顔全体のリフトアップにつながります。

 

顔のたるみやほうれい線は、基礎化粧品+エクササイズで解消してくださいね。

 

顔のたるみ・ほうれい線が気になる方へ|オススメ基礎化粧品ランキング