40代の保湿ケア

■40代の肌から見えてくること

 

20代後半からお肌の劣化が始まりますが、40代はそれから10年以上も経過しているため、その後のスキンケアの差が顕著に出てきます。

 

・目元、口元のしわが気になる
・頬のたるみやほうれい線が目立つ
・鏡を見ると疲れたような顔になってきた

 

こんな方は、基礎化粧品によるスキンケアを見直すことをお勧めします。

 

■40代の保湿化粧水はこの成分に注目!

 

お肌の水分バランスが崩れて「肌のたるみ」が目立ってくる40代は、次のようなことに気をつけて保湿化粧水を選んでください。

 

1.肌内部のコラーゲンを増やすことができるか?
肌内部のコラーゲン量は、肌のハリに直結する大切な成分。40代は、このコラーゲン量が極端に減ってくる年代ですから、保湿化粧水によって補ってあげることが大切です。

 

コラーゲンサポート成分やナノコラーゲンなど、肌の表面にとどまる成分ではなく、肌の内部に浸透しやすいコラーゲンを配合した保湿化粧水を選びましょう。

 

2.肌のバリア機能を高めることができるか?
お肌の水分バランスを整えるためには、肌の保水力を高めることが大切。肌の保水力は角質層のキメを整える事で格段に高まりますので、角質層を整える「セラミド」を配合した基礎化粧品を選びましょう。

 

当サイトでは、以下のページにて40代の肌に合う保湿化粧水をランキング形式でご紹介していますので、良かったら参考にしてみてください。

 

40代の肌に合う保湿化粧水|オススメランキングはコチラ

 

 

 

 

 

 

■肌がたるむ原因
肌がたるむ原因として考えられるのが、弾力の低下や皮下脂肪の肥大化、顔の筋肉量の低下の3つがあげられます。お肌の奥深くでハリを与えるためのコラーゲンやエラスチンという成分が少なくなることに加えて、お肌の水分保持力も弱くなってしまうため、たるみを引きおこすことが多いとされています。また、年齢を重ねるごとに代謝が低下し脂肪がつきやすくなること、顔の筋肉である表情筋が衰えて、皮膚などを支えきれなくなることも原因です。
■たるみを引き起こす要因とは
お肌のたるみを引き起こす要因は、外的要因に加えて、内的要因、生活習慣によるものとされています。湿度や気温の低下、紫外線、加齢などの理由によって肌が乾燥することで、保湿力が低下してしまい、新陳代謝が乱れてしまうため、お肌のハリが失われてしまうのです。さらにまた、紫外線の影響を受けて、コラーゲンやエラスチンというお肌にハリを与える成分が壊れ、肌の弾力が失われてしまうのも要因のひとつとなっています。
■お肌のハリを取り戻すには
年齢とともにお肌のハリは失われてしまうと言われていますが、保湿力が高くハリを与えてくれる成分が配合されているスキンケア商品を取り入れてお手入れをすることで、たるみを改善したり予防したりすることは十分に可能です。また、お肌のバリア機能を高め、外的要因によるダメージを受けにくくしてあげるのも、たるみを引き起こさないポイントのひとつです。40代になると一気にお肌の状態が変わってきます。毎日のお手入れが、40代の肌質を決めると言っても過言ではありません。