ほうれい線でお困りのアラフォーの方へ

年齢を重ねるとほうれい線に悩む方も多くなってきます。

 

ですが同じ年齢でも、ほうれい線が深い方、浅い方、全くない方など、個人差があるのも事実。

 

正しいケアをすることで、ほうれい線は改善することができるのです。まずは原因を見てみましょう。

 

■ほうれい線ができるのはなぜ?

 

皮膚の弾力やハリが低下してきてしまうこと、頬の筋力が低下してきてしまうことなどが原因で、ほうれい線はできてしまいます。

 

また、お肌の水分量が不足して乾燥した状態が長期間続いてしまうのも、小じわをはじめほうれい線をできやすくしてしまう要因とされています。

 

水分を保持するお肌のバリア機能の低下が、これらの原因を引き起こし、ほうれい線や小じわなどといった目に見える形で現れてしまうのです。

 

■アラフォーは特に注意が必要

 

お肌の曲がり角と言われている年齢がアラフォーです。

 

急激に老化が目に見えるようになってきたり、トラブルや悩みが多くなってくるのも、この年齢からが非常に多い傾向にあります。

 

アンチエイジングが注目されていますが、本来は悩みやトラブルが出てくる前から、アンチエイジングを行っていくことが大切なのです。

 

もちろん、悩みやトラブルが出てしまってからでも、正しい方法でお手入れをしてあげれば改善していきますので、心配することはありません。

 

■とにかくお肌にハリを!

 

ほうれい線や小じわなどは、お肌の水分量の低下、ハリが失われていることが原因です。

 

つまり、お肌にハリを与えて、水分を保持することができる力を与えてくれる基礎化粧品を使うことが大切なのです。

 

お肌から直接有効成分を取り入れてあげることで、潤いを与えることができ、お肌にハリが出てきます。ふっくらとハリのあるお肌にほうれい線ができることはまずありません。

 

今使っている基礎化粧品を一旦やめて、基礎化粧品を見直してみるのも一つの手です。

 

現在では、多くの化粧品メーカーがトライアルセット等を出していますので、まずは金銭的にリスクが少ないお試し商品を利用し、自分の肌に合う基礎化粧品を探してみてください。

 

【関連記事】

 

肌にハリを出す基礎化粧品|オススメランキングはコチラ