肌のハリを取り戻す40代に合うアンチエイジング化粧品について

■40代の肌の衰えの原因とは?

 

40代になると、目に見えてお肌の老化が感じられるようになります。

 

その理由は、お肌の保水力が低下するからです。保水力と言うのは、お肌に水分を蓄えておける力のことです。

 

この力が弱まるので、同じ保湿化粧水を与えても、水分量は20代と40代とでは大差に…。

 

40代は40代の肌質に合った高い化粧水が必要なんです。

 

でも、多くの女性はメイクでばかり隠そうとします。小じわが消えるように、ほうれい線が消えるように、ベースメイクは非常にお金をかけますし、気合も入れます。

 

20代の女の子がアイメイクに力を入れるように、40代以降はベースメイクに力を注ぐようになるんです。

 

でもそれって、あくまでも隠しているだけだと言うことに気付いてください。

 

確かにベースメイクに気合いを入れれば、ある程度の小じわや、ほうれい線は隠すことができます。でも、根本的な解決にはなりません。

 

すっぴんになった時の自分の顔にガッカリすることが増えてしまうだけなんです。

 

40代の素肌を回復する|たるみ・ハリ改善基礎化粧品はコチラ

 

40代の肌向け正しいスキンケア

だからこそ私は、素肌のスキンケアが重要だと思っています。

 

保水力を鍛えるには、ハリ、弾力を取り戻し、保湿することが重要です。40代の時にベースメイクではなく、ここに力を入れていけば、すっぴんの時も若々しさを保てますし、お化粧も薄くできます。

 

”隠してます”といういかにもな厚化粧も卒業することが出来るのです。

 

今、アンチエイジングの出来る化粧品が増えてきています。

 

その中でも特に、お肌のハリ、弾力、保水力にはたらきかけるものを選び、毎日コツコツとスキンケアを続けてくださいね。

 

40代の肌には高い保湿力をもった成分が必要ですが、特に必要なのは、肌のバリア機能を高める「セラミド」や肌のハリを取り戻す「浸透性コラーゲン」です。

 

本サイトでは以下のページに、40代の肌に必要な保湿成分を配合した、アンチエイジング化粧品をご紹介していますので、良かったら参考にしてみてくださいね。

 

40代の肌を若くする|肌をリフトアップする基礎化粧品の選び方

肌のハリを取り戻したい40代が最も気になる肌の変化とは?

40代にもなると、今までいろいろなスキンケアをしてきていると思います。
でも、

 

・なんとなく化粧水を選んできた
・美容部員さんの進めるがままに購入
・友達に勧められたから

 

そんな理由であまり考えずに選んできた方も多いのではないでしょうか?

 

40代を過ぎるころお肌のたるみやハリの低下などに気が付き、いざ自分で基礎化粧品を探すとなると、、「あれ、どんな基礎化粧品が合うのかな」と迷っていしまう方も多いと思います。

 

あるアンケートの結果によると、40代以降、最も気になっている肌の変化が「肌のたるみ」だそうです。

 

言い換えると、肌のたるみを予防(改善)できる基礎化粧品が最も多く求められていると言えます。

 

たるみをリフトアップ|ハリ改善基礎化粧品はコチラ

基礎化粧品での改善策がオススメの理由?肌のハリを取り戻したい方へ

肌のたるみの原因は、ズバリ「コラーゲン量の低下」です。

 

コラーゲンとは、肌の奥にある真皮層で作られているタンパク質の事です。

 

20代半ばをピークにどんどん生産量が減少していき、40代以降さらに加速して少なくなっていきます。

 

このコラーゲンを肌に増やすには、コラーゲン生成量を増やすケアをするか、コラーゲンを外から与えるかの2通りしかありません。

 

・コラーゲン生成量を増やしハリを高めるケア

 

よく、コラーゲンが多い食べ物を食べる事で、肌のコラーゲンが増えるという話を聞きますが、食品から撮る方法は全然効果がないわけではありませんが、効率がとても悪くオススメしません。

 

もし、食べ物からコラーゲンを体内に増やしたいのであれば、サプリメントの方がおすすめです。中でも特にオススメなのは、「プラセンタサプリ

 

プラセンタは、豊富なビタミンやミネラル、アミノ酸が配合されていることで有名なサプリですね。豚や馬の胎盤から抽出したエキスを使用して作られたサプリメントです。

 

プラセンタがオススメな大きな理由は「成長因子(EGF、FGFなど)」が含まれている事。

 

この成長因子が、コラーゲンが作られる細胞の線維芽細胞を刺激し、肌のコラーゲン生成力を高めるのです。

 

20代をピークとすると、40代の場合、コラーゲン生成力が半減しますが、この成長因子が線維芽細胞を刺激することで、肌が自らコラーゲンを増やしてくれるのです。

 

ただし、プラセンタには欠点もあります。

 

それは、コラーゲンを増やしたい顔にピンポイントで効果が行かない事です。コラーゲンは、体の各部で必要な大事なたんぱく質ですから、まずは、内臓や血管などに使われます。

 

もちろん顔の肌にもその効果は行くのですが、やはり狙ったところに全ての効果が行かないので、効率が良くありません。ですからもし、プラセンタで肌のハリを取り戻すのであれば、以下にご紹介する基礎化粧品でのケアと併用することをオススメします。

 

・基礎化粧品でコラーゲンを増やすスキンケア

 

基礎化粧品でコラーゲンを増やすには2つのアプローチがあります。

 

1つはコラーゲンそのものを肌に与える事。そしてもう一つがコラーゲン生成力を高める成分「コラーゲンサポート成分」を肌に与える事です。

 

1つ目のコラーゲンそのものを与える場合は、コラーゲンの粒子の大きさに気を付けてください。と言いますのも、普通のコラーゲンの大きさは肌に浸透しない大きさなので、肌の表面にとどまってしまうのです。

 

これでは、せっかくコラーゲンを肌に与えても、ハリを高めることができず、あまり意味がありません。

 

ですからコラーゲンを肌に与える場合は、粒子が小さい「ナノコラーゲン」など、肌への浸透性を高めたコラーゲンを配合しているものを選びましょう。

 

2つ目のコラーゲンサポート成分は、そのほとんどが浸透性が抜群に良い成分で構成されています。

 

その成分をコラーゲンが作られる線維芽細胞に届ける事で、肌が自らコラーゲンを作る力を高めるのです。

 

この作用は、プラセンタに配合されている「成長因子」と同じですが、成長因子との違いは、基礎化粧品を使う場合、ピンポイントで狙った場所に成分を届ける事ができるというところですね。

 

ですから、基礎化粧品でアプローチした方が効率よくスキンケアができます。

 

肌のハリを取り戻す化粧品|コラーゲンにアプローチできるのはコレ