目の周りに年齢が出やすい理由とは?

目のまわりは、年齢の出やすい部分です。

 

その理由は、顔の他の部分に比べ、目のまわりの皮膚の薄さは、約1/4しかないからです。

 

生まれつき皮膚の薄い人が、さまざまな肌トラブルに悩むのと同じで、目のまわりは、シミ、しわ、ハリ不足、エイジングサインがもともとでやすいのです。

 

目の周りにより一層スキンケアが必要なことはいうまでもありません。

目元のスキンケアで大切なこと

1.優しく保湿を

 

敏感な目元のスキンケアは、優しく、大切に行うべきです。

 

特に重要なのは、目元の保湿です。アイクリームを使うとより効果的ではありますが、特に保湿効果の高いものであれば、専用のものを使わなくても、ケアはできます。

 

アイクリームを使うにしても、普通の基礎化粧品でケアをするにしても、刺激成分無添加や敏感肌用など、低刺激をコンセプトにした化粧品を使って下さい。

 

特にハリを与えるような美容成分が含まれている化粧品を使えば、お肌はピンと張り、若さが戻ってくると思います。

 

目元のシミ、目の周りのクマ、小じわなどは、一気に、その人を老けさせます。毎日のスキンケアで、疲れが出ないよう、アンチエイジングを徹底してください。

 

2.こすっちゃダメ

 

また、まぶたの筋肉はミュラー筋と呼ばれる大変脆い筋肉なので、目をこすったり、化粧を落とす時にゴシゴシしたりするのは厳禁です。スキンケアが正しいものであったとしても、こういうクセがあったりすると、目元、目のまわりは、すぐにダメージを受けてしまいます。

 

春先や秋口などの花粉症の時期には目をこすらないようにしてください。目をこするなどして刺激を与えてできたシワはなかなか治りません。

 

3.上目使いは止める

 

更に、若い女性に多いので、30代後半〜40代前半の女性は当てはまらないかも知れませんが、「上目遣い」も、肌には負担です。ミュラー筋を痛め、まぶたが下がり、目元のしわを引き起こしますので、あまり目を見開いたりは、しないほうが良いです。

 

上目使いくらい大したことないと思うかもしれませんが、塵も積もれば山となります。できるだけ、負担になることを避ける努力は必要です。

 

目元のケアにはこの2つのアイクリームがオススメ

当サイトでは、あなたの悩みや年齢により、以下の2つのアイクリームを選定しました。2つとも医学雑誌に掲載され、実際にその効果を医学的に確認されているものですので安心して試してみてください。

 

1. ディープモイストクリーム
※30代〜50代の方向け
※目元のしわやたるみに悩んでいる方向け

 

↓↓返金保証付き↓↓

 

>>敏感肌向けアイクリーム<<

 

ディープモイストクリームは、医学雑誌にも掲載され、臨床試験で目元のハリやたるみを改善する効果が証明されたアイクリームです。

 

刺激成分が無添加で敏感な目元の肌にも安心して使えます。

 

初回が半額でお試しできるほか、定期購入だと毎月5000円以下で継続できます。アイクリームは高いものだと思っていた方にも安心して継続できる価格設定も人気の理由です。定期購入と言っても初回で肌に合わなければ、初回のみでやめることもできますし、返金保証もついていますので、金銭的なリスクはありません。

 

2. アイキララ
※20代〜アラサー世代
※目の下のクマや肌のしぼみに悩んでいる方向け

 

 

>>クマ対策にはコレ<<

 

アイキララも医学誌に掲載された人気のアイクリームです。

 

アイキララが効果があるのは目の下のクマです。皮膚が痩せたり、血行が悪くなってクマができると、老け顔に見られてしまいます。

 

アイキララも返金保証制度がありますが、複数購入した場合でも1個分のみしか返金されませんので、注意が必要です。
※複数購入だと15%OFFで1個当たり2533円
※1個購入だと10%OFFで1個当たり2682円
アイクリームの場合、肌との相性が大切ですし、それほど大した金額差ではないので、金銭的リスクを考えると、1個購入の方をお勧めします。